AMPページの直帰率が高いのが改善される予定

Googleが7月6日に「Googleアナリティクス,AMPのサポートを強化」と発表しました。

そもそも、検索結果から遷移するAMPページはGoogleにキャッシュされたページです。AMPページの内部リンク先は自ドメインのページになるので、同じユーザーと認識されずいたためセッションユーザー・直帰率などが実際の数値とは違っていて分析がしにくい状況でした。

僕が運営するサイトを例にとると、ある期間内で

セッション数:161
直帰率:89.44%

と非常に高い数値を示していました。ちなみにAMPでないページの直帰率は43%位です。

実際の直帰率は
GAの集客⇒参照サイトに
[ドメイン名.cdn.ampproject.org]からのセッションから推測できます。

セッション数:63

となっているので
実際の直帰率は60%くらいだと思います。

今回のGoogleの発表では今後は同じユーザーと認識されるみたいなので正しく数値がとれるようになると思います。
全てのサイトに導入がが終わるまでは数週間と言っているので8月いっぱいくらいですかね。

ちなみに僕のサイトはまだ未対応です。